2008年04月12日

[ベビー用品] 洗剤「arau」のある暮らし

娘が生まれた入院中、少し先に出産したばかりの友人が
出産祝いにと持ってきてくれた洗剤「arau」。
ヤシノミ石けんのサラヤから出てるベビー用の洗剤で、
石けんを使っているのでカラダにも環境にもやさしい、と。

よくよく言われることですが「ベビー用」の洗剤というもの自体が
ちょっと待てよ、となるわけで、
いわゆる合成洗剤というのは皮膚を通じて吸収されちゃうわけです。
胎児や母乳に影響の出る母親のカラダはもちろんのこと、
子供の身体に良くないものを、大人が使っても大丈夫、
ということにはやっぱりならないわけで。

ということで、友人にもらったのは洗濯用洗剤でしたが、
我が家では子供のボディシャンプーもarauを使ってます。
台所の洗剤は生協の石けんの洗剤で、
大人用のシャンプーは別の石けんシャンプー、
洗顔と身体を洗うのは石けんで。

いやあ、ブランドはバラバラとはいえけっこうとことんだなあ、
と思っていたら、東京出張のときに泊まった友人宅、
これがもう「君らarau教の信者か」とでも言いたくなるくらいの徹底ぶりw

シャワーを借りたら子供用のシャンプーはもちろんのこと、
大人のシャンプー、トリートメント、洗顔もarau。
あがってきて歯を磨こうと思ったら歯磨きもarau。
洗濯機の上には当然洗濯用の洗剤があって
キッチンの流しにはやっぱりarauの洗剤。すごい。

たしか妊娠中にうちに遊びにきたときに
洗剤はarauってのがあって、石けんだから良いよ、
というようなことを言った記憶はあるのですが
まさかそれがフルコースコンプリートになるとは思いもせず。

こんなことならアフィリ設定しといて
そこから買物してもらうようにしといたら良かったなw

まあ、それは半分くらい冗談としても、
洗剤とか食事とか、子供のことについてはやっぱり気を使いますね。
カラダが小さいから影響も大きいだろうし、
せっかく元気に生まれてきたのに、身体に良くないものを接種するのも
なんだか勿体ないというか辛いというか、ねえ。
小さい頃はカップラーメンもマクドナルドも食べてなかったなあ、
と思い返すことはあるのですが、
けっこうその反動でひたすらジャンクなものを
食べたくなることもあるしなあなんて思ってみたり。

友人宅の生後4ヶ月の小さなお姫様、
前に見たときよりはずいぶん大きくなって
「もうずいぶん重たくなりましたよ〜」と言われるのだけど、
うちの暴れん坊から比べるとやっぱりずいぶんと軽い。

先日は大学の先輩が子供を連れて遊びにきてくれましたが
逆の立場で自分の後輩に子供ができて、
一生懸命子供をあやしているのをみるとなんだかすごく微笑ましい。
「ああ、やっぱり石けんとかも気を使うよねえ」なんて
めっきり父親談義とか子育て談義とか、
なんかそういうのもすごく楽しい感じですね。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。

posted by リョウ at 22:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | ベビー用品
この記事へのコメント
どうも、後輩のカープ広島です。
実はかなりまえからarau信者、いやサラヤ信者です。洗面所のハンドソープ「ウォッシュボン」もサラヤです。カープ広島のように無添加です。押忍。
Posted by カープ広島 at 2008年04月13日 14:59
>カープ広島さん
先日はどうも。
信者っぷりに感心しつつも、あなたらしさを感じましたよ。
また一緒に遊びましょう。
Posted by リョウ@西区男の子育て日記 at 2008年04月14日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。