2008年03月26日

[大阪] 子育てモニター募集開始

連日メディアを騒がせている我らが大阪府知事。
「子供の笑う街」と期待の膨らむマニフェストを掲げ
当選後にあっさりと子育て支援事業を凍結、
まあ、諸般の事情と優先順位を考えるとそうなるよな、と思っていたら
今日届いた大阪府のメールマガジンにこんな記事が。
「大阪の笑顔」に不可欠なもの。それは、「子どもの笑顔」です。私の重要政策
の一つは、子育てです。そこで、府民の皆さんのニーズをしっかり把握するための2つの仕組みを立ち上げます。
一つ目は、「知事と語ろう」という、府民の皆さんの意見を私が直接伺う場です。第1回目を来月29日に開催。就学前の子どもさんと保護者の方10組に、知事公館に来てもらい、子育てをテーマに語り合います。

二つ目は、インターネットによる子育てモニター制度「ひよこパル」の創設。1000人のモニターを募集します。これは、今月私の肝いりで立ち上げた政策マーケティング・リサーチ・チームによる取組みです。子育てに関する府民ニーズをしっかり把握し、これからの政策立案に生かしていきます。
もうね、本当に感心しますよ。
目新しい対策や事業にお金を使うのではなく、
きちんとリサーチして生の声を拾って行って、それから、と。


実際どのくらいの効果が出るのかわかりませんが、
とにかく何か新しいことを、とするより、
じっくりと、な感じがとても好感が持てると思います。

正直なところ、我が家の第二子の出産のいかんは、
知事の政策にかかってると言っても過言じゃないかと思うのです。
もちろんそれ次第でどうにかするということではないですし、
自分たちが欲しければ、全て覚悟して作れば良いわけですが、
仮に4年の任期中にドラスティックに子育て環境が改善されれば
その後の知事がどうするかは別にしても、
やっぱり「任期中に出産する」という答えを選ぶかもしれません。

子育てというのは一種の既得権で、
それは児童手当や税金の控除など、具体的に優遇されて入るわけで
それを何から何まで譲りたくない、もっと優遇しろ、というのは
マスコミやいろんな大人の事情みたいのと同じで見苦しいわけですが
ま、恩恵に被れるのであればそれはそれで活用したいと思うわけです。

ということで、さっそく「ひよこパル」に申し込みました。
1000名、となるとけっこう競争率高そうですね。
大阪府ひよこパル・大阪子育てモニターのページ

ホームページビルダーでパパッとつくってあって、
こんなん僕にいうてくれたらいいのん作るのに、と思っても、
まあ、そいうところでお金かけてられないんだろうなw
動けばいいんです、動けば。
100万かけていいサイトを作ることは出来るけど、
今の大阪府の状況では、そうも行かないものね、と変に納得。

さてさて、どうなりますことか。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。

posted by リョウ at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。