2008年03月04日

[父親] 生後半年を振り返って(父親歴半年編)

父親歴半年、男の子育て日記1年、改めて振り返ってみて思うこと。

結局のところ、子育てついては男は脇役だなあ、と思います。
直接的には無力。
妊娠、出産、授乳、その重要な感じの局面では本当に無力で、
だっこしてあやしてても泣き止まないときなんかに
母親に渡すとそれだけで泣き止んでしまう。

父親は無力だ。

もちろん、だからとやるべきことというか、
直接的じゃなくても父親がやるべきことはいくらでもある、とおもう。
というかそもそも、子供への愛情なんて見返りじゃないんです。
一方的な愛。アガペー。自己満足だとしても。
泣き止まないからあやさない、
授乳できないからかまわない、
出産しないから妊娠中も遊び歩く、じゃあ意味がない。

結果とかやりがいとか、そういうのじゃなくて、
親の愛は一方的で無償の愛で、だからこそ美しいのだと、
パンチドランカーになる寸前のダメージの中で思います。

アガペーなんて自己満足じゃねえか、と
世界中のキリスト教徒を切って捨てれる人がいたら会ってみたい。
ま、子育てをアガペーだと言い切る僕もくそ生意気なわけですがw

なんというか、まあ、そういうことです。
無力感は痛い程感じるわけです。
もちろん僕にしか出来ないことがあることもわかってるんですが。
・奥様の(家事や精神的な)バックアップ
・毎月仕事してお金を稼ぐことw
・家族を守る環境を作ること

僕が嫌いな言葉で「父親の育児参加」というのがあります。
父親は基本的に育児しないものという感じですね。
ま、だいたいはそんなもんなんだと思いますが、違和感があります。
僕の違和感なんて世間では対したことないわけですけどね。

僕は比較的リベラルでフェミニストなわけですが(にやり)
そうじゃない人が全然「子育てに参加」してないかというとそれは違う。
父さんは会社で必死に働いて、家で過ごす時間が短いことを
家庭からも会社からも政府からも責められて
「サビ残しないで家で一家団欒しましょう」なんて
実情を全くふまえていない法整備だけすすめているわけだけど、
やっぱり父ちゃんは家族のためにがんばって働いているわけです。

子育てブログも子育ての法整備や社会福祉や、
全てが女性の視点から語られることに基本的には異存はないわけですが
それと女性の権利主張やフェミニズムや親学やそういうものが
なんだか渾然一体となって男性の子育てが軽視されたりとか
家族のために必死で働く男性の姿が「家庭を顧みない」と
一蹴されてしまうのはやっぱり違和感があるなと思います。

例えば自分の父親(毎日この日記を楽しみにしてるのであれですがw)も
彼が世間一般でいう理想的な父親像であるかどうかは疑問が残るけど
でも毎日遅くまで働いて僕が何もややこしいことを考えなくても、
ちゃんと大学まで行かせてくれて、そういう環境を整えてくれた父は
改めて偉大な人だなあと思うわけです。

今の僕にしてみると、子供三人も育てて家買って、
親の葬式もちゃんと出してるということだけでも、
本当にすごいことだと思いますよ。なあ、父ちゃん。

まあ、なんだか良く分からない話になってきましたが、
いずれにしてもまだまだ半年なんて屁みたいなものです。
まだまだこれからいろいろがんばりたいと思う所存です。

以上、半年シリーズおしまい。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。

posted by リョウ at 21:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
赤ちゃんってやっぱりママのものやなあと思います。
でも、だんだん大きくなっていったら、ここはどうしてもパパじゃないと駄目!って場面が出てくるんやろうなあと想像w
母親じゃどうしようもない、ここぞという時にでてきて、ガツンっと叱ってくれるっていうのが、うちが旦那に求めてる父親像かも!?

>毎月仕事してお金を稼ぐことw
これってすごい『育児』やと思います!
Posted by mamichi at 2008年03月04日 22:08
離乳までを子育てと言うのであれば、
それはきわめて女性主体のものだと思います。
でも実際にはそうではないわけで。
離乳までの1年なんて、
子育ての20分の1くらいのもんです。
頼りにしてます、お父さんw
Posted by もん at 2008年03月05日 10:30
>mamichiさん
そう、父親ってそういうポジションであるべきなんですよね。
「お母さんが怒ってるのはいつものことだけど、お父さんが怒ってるから
これはちょっとヤバい。しゃれならん」みたいな。
おたくの旦那、けっこうガツっと行くんじゃないですか?

>もんさん
いつも本当にありがとうね。
今日図書館で借りた本に寄ると、父親の出番は
15歳くらいかららしいよ。とほほ。
Posted by リョウ@西区男の子育て日記 at 2008年03月08日 22:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。