2008年02月23日

[夫婦] 妻への誕生日プレゼント。

あさって25日は奥様の誕生日。
あいにくの月曜日、仕事で遅くなるかもしれないので
お祝い的なことは週末にやっちゃおうか、といったものの、
給料日直前の週末、年末の帰省の交通費がカードで引き落とされたり、
けっきょくは贅沢できない程度のことになってしまったわけですが。

ところで、我が家は小遣い制ではないのです。
僕の稼ぎが余りないのが一番の原因でもあるわけですが
会社は近所、昼食は自宅、飲みにいくこともない、となると
まあ実際サイフに1,000円入ってれば困ることもないしなあ、と。
タバコもやめたし、会社にコーヒー豆置いてるから飲み物も買わないし。

で、ここで出てくる大きな疑問。
「自分でこっそりマネージメントしてるお金もなくて、
同じサイフから出て行くのに嫁へのプレゼントとか、どうするの?」とw

いやあ、既婚男性、皆さんどうしてるんでしょうか。きになります。
やっぱり月に何万かの小遣いをやりくりしてためておくんでしょうか。
小遣いじゃない人だと、カードで買っても
「あんた、そんなんかって請求大丈夫?」とか言われたらたまらんしなあ。


で、我が家の今年のプレゼント予算については、
実はさかのぼること2ヶ月、年末に行われた会社の忘年会。
賞金総額10万円、社長杯争奪ボーリング大会があったわけですが
実はそのときに「ラッキー賞」なるものを獲得してたのです。
[一人暮らし] 家族のいない夜、三日目
仕事が終わって忘年会、一次会のボーリングは
18人中15位とか相変わらずな感じでブービーもとれず。

なんて書いていたのも全てこの日のため。
いや、ブービー賞とれなかったのは事実だから嘘はついてないんですw

で、その時のお金でプレゼントを買ったのですが
それも実は1月に済んだんですよ。
ちょうど嫁がサイフを買いにいこうとしてて、
でも数千円の予算では全然いいのがなくて、
「あと5,000円あれば、、、」とかなんとか。
で、「じゃ、プレゼント前倒しね」とさらっとお金をだす僕。
「そ、そんなお金どこから、、、」
「いやあ、じつはかくかくしかじか、、、」


なんてことがあったのですよ。ははは。

10,000円あったのでまだちょっと残ってるな、ということで、
先日の結婚記念日にもちょっとしたプレゼントを上げたりしました。
「じつはまだあのお金が残ってて〜ん」とかなんとか。

だからといって本番の誕生日になにもないのもさびしいな、と
急遽部屋にこもった私、前職デザイナー。
イラストレータをちょちょいと触って、手作り感満点のプレゼント。
その名も「お手伝い券」を作成w

ということで、この週末はカリスマ主婦よろしく働く予定ですw
今日も朝から娘の散歩1時間半(まずは嫁の睡眠時間確保)、
朝食の準備、掃除、洗濯、流しの掃除、買い物、夕食の準備、と
どやさどやさと家事をこなしていくわけです。
ま、夕食はお好み焼きなので誰でも出来るようなものですがw

まあ、お手伝い券は半分冗談みたいなものですが、
本当のプレゼントは「時間」というか「余裕」というか、そういうのです。
奥様は24時間娘につきっきりで完全母乳で育てているので、
いくら楽しいとか喜んでとかいってみても、
やっぱりちゃんとコミュニケーションのとれない相手と四六時中いるのは
僕が思っているよりもずっとストレスがたまることだと思うのです。

子育ては全然きれいごとじゃないし、
それはウンコのついたじゅうたんを拭いたりすることだけじゃなくて
夜中にキンキンした声で泣き出されることとか、
いくら手を施しても静かにならないときとか、
こっちが精神的に疲れてしまうことなんていくらでもあるわけです。
だから今は子捨てポストにまた新しい子供が、というニュースも
「なんて親だ」というより「お互い楽になれてよかったなあ」と
幾分ほっとして聞いてしまう、というのも本当のところです。
ま、当然それも当面だけの話で10年後どんな影を落とすかは
今の時点では誰にもわからないことなんですが。

もとい、最近は夜も寝付きが悪くて、9時に寝て8時に起きるまでに
下手すると4回くらい起きることもあって、
生後2ヶ月のときとか位まとめて寝れる時間がなかったりとか
けっこう参っている感じだったので、「これは、これしかない」と。


本当は一人でふらっと出かけて、エステと美容室とカフェとで
半日くらい外で過ごしてきてもらうのが一番いいんでしょうけど、
そんな余裕もない上におっぱいも上げなきゃ行けないので、
普段の僕がそうしてるような「子育てのおいしいとこ取り」
みたいな感じで週末を過ごしてもらおう、と。

夫婦って不思議なものです。
自分自信のことよりも相手のことの方がよく見えます。
もちろんそれがよくも悪くもどちらでもおなじことなので、
けんかしたり修復しがたい溝を作ったりする人もいるのでしょうけど、
幸い我が家はいい方に転んでおります。

さて、来年の奥様の誕生日までに、
どうやってへそくりをためておこうか、今から思い悩みます。
実は既に2,3ネタをくってるので、来年まで内緒なんですけどね。
ひひひ。

(余談)
#それにしても相変わらずダラダラ長い文章で自分でもいやになるなあ。
#Aという事象を語るのにそれに付随するBとCの話もしておきたくて、
#AにまつわるA'とA''の話もきちんとしておきたい、というような、、、w
#
#いい文章を書くことは、いい写真を撮るのと似てるのかなあ。
#足し算することはとても簡単。それなりに満足してしまう。
#引き算はやっぱり難しくて、ただその分美しくなる。
#ん〜、もっと短くて的確で美しい文章を書きたい。
#それは文体云々ではなくて、読み返しても納得できて、
#呼んでもらった人が「ややこしいやぁ〜」とならないような。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。

posted by リョウ at 22:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
旦那さんに無理やりでも読ませたいです、このブログ。
初めての育児って手探り状態で本当にストレスがたまるんですよね。
それに奥様は実家も遠いですよね?
日々かなり体力を消耗してると思います。
私も少しの間一人になりたい、とよく思ったものです。
(今は二人目なので全く思いませんが。)
だからこそ早朝起きて飲む一杯のコーヒーが至福のときでした。
たとえインスタントでも。
奥様、この日は充実した一日だったと思いますよ。

Posted by nao at 2008年02月25日 09:53
>naoさん
コメントありがとうございます。
二人目だといろいろ事情は違うでしょうけどねえw
嫁もけっこうのんびり過ごせたようです。
女性にそういってもらえると嬉しいですね。ははは。
Posted by リョウ@西区男の子育て日記 at 2008年02月25日 20:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。