2007年12月31日

[年末] 車のある子育てライフ

大晦日の朝。
気持ち通いくらいの晴天。
今年もいろんなことがありましたが、
最後の日の空がこれだけさっぱりしてると
文句無しに気持ちがよいものです。

夕べはけっこう夜中に娘が泣いて大変だったので
奥様はまだ寝ております。
よくよく考えれば僕も仕事な訳じゃないから、
ちゃんと起きて相手してあげれば良かったのだけど
いつもの感じで寝入ってしまって申し訳なかったな。

で、奥様の実家に帰ってきて二日、車ライフを満喫中。
近所のリサイクルショップで買った、と
チャイルドシートも用意してくれてあったので、さっそくお出かけ。
大阪市内で車を持てるほどの余裕もない上に、
個人的に車に大して全然興味がないので、
仕事の客先で「子供できたら、ぜったい車いるで」といわれても
「はぁ、やっぱりそういうもんですかねえ」くらいにしか取らず、
むしろそろそろママチャリ導入しないとなあ、とか考えるくらい。

まあ、市内では特に車がなくても困ることはないし、
マンションの駐車場が月に35,000円することを思うと
それはさすがに無理だよなあ、と思う訳です。

でもあると便利ですね、やっぱり。

着替えも荷物もとりあえずポポイとほりこんで、
多少ぎゃーぎゃー泣いても周りに気を使うでもなく、
ましてや途中の駅で一旦降りるとか、
通路で立ったままあやし続けるとかなんてこともなく。

昨日は浜松のひいばあちゃんの家まで50分ほどのドライブ。
その後イオンに行って、さらに別の親戚の家に顔を出して。
車の中か暖房効いているところだけなので、
上着も車の中に置いとけば大丈夫だし、
ベビーカーもイオンのやつを使えばいいやと持ち込まず。

もうね、やっぱりなんというかすごいラクチンなわけです。
いろんなことがけっこうバカらしくなるくらい楽です。
電車で一駅の赤ちゃん本舗に取り急ぎのおむつ買いにいくのとか
外出の荷物はコンパクトにしたいけどおむつ足りなくなったとか
そんな心配もどこへやら、という感じ。楽。たまらん。

もちろん車両代とか環境への配慮とか諸経費とかは無視して、
単純な利便性だけで考えると当然楽な訳だけど、
いや、果たしてそれでいいのかなあとか考えたりもする訳で。
今の僕が車を買うとなると、駐車場や車両代、その他諸々の原因で
今の生活を維持することは難しくなるだろうし、
「子育てに車が必要だから」という理由で、
家賃の安い郊外に引っ越すとか、それで通勤時間が長くなるとか
奥様も娘を預けて働きに出ないと行けなくて、とか。
それこそ本末転倒な訳で何一つ改善されていないような感じで。

「ああ、やっぱ便利だよなあ」と思いつつも、
「でもやっぱりいらんなあ」というところで落ち着く訳です。
トヨタでいうならイプサムやウィッシュみたいなファミリーワゴン、
新車で買うなら250万〜とかで、レンタルなら1万円/日とか。
それならいっそ必要なときに都度借りた方が便利な訳で、
ま、結局そんなことになるんだろうなあ、と思ったり。

友人は子供が出来たからと車を購入し、
市内で駐車場持つのはキツいからと郊外へ引っ越すことを考え、
やっぱりそういう人もいるんだなあと思いつつも、
僕が特に車いらないと思ってしまうのは、
自分の家に高校生くらいまで車がなかったことと、
電車で旅行するのがけっこう好きだったりするからかなあと思うのです。

でもあれです、最近よく考えますが、
子供が出来たらおとなしく郊外で車使って生活するのが、
一般的だし楽だし、なんとなく全体が丸く収まるんだろうなあ、と。
それが本当にいいのかどうかまではよくわかりませんけどね。

気分を害される方がいると申し訳ないのですが、
そういう感じで枚方や泉北や吹田に引っ越すくらいなら、
滋賀や奈良、いっそ浜松くらいまで移動して、
ローカルな生活の範囲で出来る暮らしをする方がいいなじゃないかと
僕は思うんですけどね。何が出来るかは微妙ですが。

さて、今日は磐田市内をいろいろ散歩してきます。
メインストリートはジュビロード、ですからね。
歩いてさらっと回れる範囲にいろいろあるので、
それはそれでけっこう楽ですw
もちろんイオンみたいのは車の範囲ですけどね。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。

posted by リョウ at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75623902
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。