2007年12月27日

[一人暮らし] 家族のいない夜、一日目

飲んで帰ってきて、勢いで書いてる部分もあるので
細かいところはご愛嬌、ということでご勘弁。

「実家に帰らせていただきます!」とは言われてないけど、
奥様が今日娘を連れて実家に帰りました。
生後すぐから会っていない、母方のジィジとバァバのもとへ。

僕の実家は同じ大阪の中なので、比較的頻繁に会えるのだけど、
やっぱり少し遠くに住んでいるとなると、
まとめて休みのとれる時にドンと帰ることになるよなあ、と。
それ自体は大切なことだと思うし、喜ばしいことだなと思うのです。

が、あれですよ、やっぱり。

GWあたりも僕は大阪に残って仕事してて、
奥様は一人(おなかの中とで二人)で実家に帰って、
一人きりで数日生活をしてたわけですが、
「久しぶりに一人でゆったり」てのは、それはそれで
楽しいというか気楽というかそういうのは事実なんだけど、
でも普段生活してる家で「ただいま」を言う相手もいなくて
自分が今キータッチしてる音しかしてないというのは、
やっぱりなんだかんだいっても寂しいものだなと思うわけです。

一人暮らしをしてた時はそれなりの期間があるわけで、
それ自体はなんてこと無いと思っていても、
家族がいない夜というのは、やっぱりなんだか落ち着かない。

日常生活は、毎日をひたすら繰り返していくもので、
それがつらくもあり楽しくもあるわけだけれど、
ただただいつもそばにいる人がいて、
その人がそばにいるからこそ、毎日の繰り返しを行きていけるのだなあ。
失って初めてわかるありがたみ、じゃないけど、
愛しき日々の生活は、
「仕事から帰ったら、奥様と娘が迎えてくれる」
という、本当になんでもないことの連続で成り立ってるなあ、と
改めて思ったりするわけです。

実は一緒に飲んでた友人も同じような境遇で、
5月生まれの双子のパパで、昨日から奥様が実家に帰って、
「久しぶりの一人やし、ハネのばそうかなあ」なんて言ってても
やっぱりぼそっと「なんやいうても、なあ、、、」
と言ったりしてたわけでw

ということで、考えすぎるとすごく寂しくなって
内へ内へと向かいそうな気もするので、
とりあえずはあと二晩、のんびりとやり抜くことにします。

では、おやすみなさい。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。

posted by リョウ at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。