2007年12月11日

[3ヶ月] 混合授乳を始めてみる

書きたい事もいろいろあって、
ちゃんと時系列に沿って書きたいのだけど、
まあ、いろいろあるのでそんなわけにもいかず、
とりあえず今書こうと思う事を書く事にします。

日々続ける事は本当に大変だ。
たかが育児日記、されど育児日記。

先週の3ヶ月検診で授乳時にミルクを足すように言われた。
娘の発育がなかなかゆっくりで、体重が増えていない、と。
ゆっくりと増えて入るけれど同時期の子と比べると少ないようで、
それも個人差があるから、とも思うのだけど、
本当はもっと飲めるのに母乳の量に合わせて
飲む量を調整してしまう事もあります
」とのこと。

なるほど、当初母乳がなかなかでなくて困っていたけど
最近でこそちゃんと授乳できるけど、
それが子供にとって適切な量かどうかは不明、と。

完全母乳にこだわっていたのは事実で、
それは厚生年金病院で「母乳で育てよう」と教わっていたのと
人口のもの、牛の乳を飲ませて育てるのはどうだろうかと
僕たち夫婦が凝り固まっていたから、というのも事実。

本当はもっと飲めるのに自分で調整してる、なんて
それはそれで子供に迷惑かけてるんだなあと思い、
少しずつミルクを飲ませて様子を見る事にしました。
母乳を飲ませた後に100mlずつ足して、
足りないようならそのまま、充分なようなら母乳だけで、と。

で、それから一週間。

毎日見てるとはいえ、気がつくと顔が大きくなった。
一週間ぶりにやって来たおばあちゃんは「太ったね」と言うし、
実際足や腕が確実にこの一週間で大きくなった気がします。

さて、明日区役所に体重計に乗せに行ってみますが、、、。



この一週間でいままでと明確に違うのは
大声を上げて泣く事が格段に増えた事です。

昼間はだいたい2時間ごとに授乳してたのに、
30分も立てば大声を張り上げて泣き叫ぶ。
ミルクを足してるのは日に2回、それ以外は基本的に母乳のみ。

と思っていたのに、どうやらそれだけでは足りない様子。
「まさか、、、」と思って授乳すると、
案の定グビグビと飲みだす娘。
念のため、とおもって授乳後にミルクを作っておくと、
それもきっちり飲み干して満足そうな顔。

ん〜、どうやらやっぱり母乳だけでは足りなかった様子。

そういうときいつも気になるのだけど
ストイックに母乳だけで(足りなかったとしても)育てるのと
ミルクもたして育てた場合、その時点での体重に
明確な差が出るのは当然としても、
それが20年経ったときにどんな差が出るんだろうか、と。
もちろんその手の追跡調査は5年とかがいい所で、
20年もたつとその他の要因が大きいので一概には比較
出来ないだろうと思うわけですが、
さて、この差はいったいどうなるんだろうか、と。

ま、娘が元気でいてくれればそれでいいんですけどね。



それにしても、でかくなったな、、、
ミルク、恐るべし。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。

posted by リョウ at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 0歳児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。