2007年11月16日

[ネット] つわりがひどい同僚の話

読売新聞の掲示板で見つけた記事。
ランキング5位、けっこうコメントも盛りだくさん。
つわりで休んでいる同僚 - 読売オンライン
同僚が入院するほどの妊娠悪阻のため、仕事を休んでいます。
うちの職場は、9月から11月、それから3月が繁忙期なのですが、
彼女は9月上旬に妊娠が発覚し、まもなく入院しました。
(中略)
彼女はまだ20代で新婚なので、
急いで妊娠しなければならない理由はありません。
なので、私は、業務の都合を考えなかった彼女が、
無責任に思えてならないのです。

詳細はリンク先を読んでみてください。
いろんな意見があるものです。

後から出てくる「ナルビッシュ」さんの意見も的確。

さて、これ、どうなんでしょうか。

ん〜、個人的な意見を言えば、わからなくもないなあ、というかんじ。
自分のところに引継や負担がかかってくるとなると
たしかにイライラしてあたってしまう気持ちもよくわかる。

でも、それは言っちゃだめなことなんですよねえ。
結婚、妊娠、出産、どれも世間一般でめでたいこととされていることは
確かに表立って非難しにくいのも事実。
「結婚式続きで祝儀が大変だ」とか、関係ない友人や同僚にはいえても
本人の前や親しい仲間内ではいわないもの、というか、
それが日本人の礼儀だと思うんだけれど。

もちろん子供がいる今となっては、
そんなこというなよ、ともおもうし、
でも同時に「いや、すみません」と心から思う。
子供にまつわるいろんなことは、関係ない人にしてみれば
本当にうっとうしいだろうなと思うんです、実際。

それによって迷惑を被る人がいるってのも事実で、
「子供は社会で育てていくもの」「子供は国の宝」なんて
あくまで子育てをしてる人間の勝手な言い分ですからね。

もちろん雇用社側にしてみれば、契約条項を含め、
雇用の段階で妊娠や結婚による退職があることは想定してるはずだし、
それでいうと女性の雇用の枠自体が狭くなって、
また「女性の就労意欲が」とか「男女均等雇用法が」とか
田嶋陽子女史みたいなフェミニストの人がそういう会社を叩くんだ。
実際、「繁忙期の妊娠は厳禁、違反者は解雇する」なんてあったら、
またおかしなことになるんだろうしなあ、、、

でもまあ、入院しないといけないようなつわり、大変でしょうね。
うちの奥様はそれほど大変でもなかったのですが、
友達でも本当に苦しかったという人も何人もいるしねえ。

いずれにしても、ネットで匿名とはいえ、
こういう意見が表に出てくるってのはなんだかギスギスしてるなあ。
編集部検閲のコメントのみみたいですが、
掲示板って相当熱心に編集しない限り、
まあ、中道的な意見が増えてくるのであれですけどね。

しかしまあ、なんだかなあ。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。

posted by リョウ at 22:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
うーん、どちら側の意見も正論ですよね。

バブル弾けて余分な体力をそぎ落とした会社の「現場」は、どこもギリギリの人員でやてるところが多いと思うので、リンク先のトピ主さんとか、掲示板の中に出てくる経営者の意見も分からんではないです

※あえて「現場」と書いたのは、何もしないけど邪魔はする、けど給料は高い、という人が生息しているメタボリックな部署がどこの組織にもがあるような気がするので。「おまえらがちゃんと与えられた仕事をしてれば、現場がこんな状態にはなっていない..(以下、本論と関係ないので自主規制)。

けど、出産とか育児というような人間として本当に普通な営みが、仕事とか会社とかといった経済的なことと、同じ天秤の上に乗せられて語られるとか、語らざるを得ない状況になっているのがそもそもの変なんですよね。
もちろん両者お互いに素な関係ではなくて関係はしているのだけど、天秤が同じというのはちょっと違うような気がする、って意味で。

僕は基本的には「つわりで休んでいる同僚」のトピ主さんの意見には同意できないのですが、けど気持ちとしては十分に理解できるし、その場にいたら自分もそんなことを思ってしまうかもしれないし。「トピ主さん、あんた間違ってるよ」とはとても言えないです。

ヨーロッパのどこかの国みたいに(ドイツでしたっけ? スウェーデンでしたっけ? 忘れてしまいましたが)、子供を持つお母さんが普通に働けて、しかもお父さんも当たり前に育児休暇を取れるとこもあるくらいなので、国や自治体レベルの施策とか、国民の意識とか、(あと次が一番大事)そのために国民が税負担などを受け入れる心積もりというか覚悟があれば、やってやれなくはないはずなんでしょうけどね。残念ながら、今の日本の政府も社会も会社もそういう構造にはなっていないです。自分と違う立場の人への思いやりが消えつつある、日本人の構造も同じくです。自分も日々反省しきりですが。

とりとめなくなってしまいました。

だらだらと長文、失礼しました!
Posted by 新米父ちゃん at 2007年11月17日 21:46
>新米父ちゃん
丁寧なコメントありがとうございます。
そのままそちらの日記に転載できそうですねw

男だから、てのもあるし、今は子供が産まれたから、というのもあって
さすがに半年前とは自分も意見が違うだろうなとおもいますね。
そういうのを口に出すのもいかがなものかと思いますが、
でもまあ、なんというか哀れみのような気持ちすらありますね。

行政の政策というのはほんとうにあって、
大阪では市長選挙がありましたが、
そこまでマニフェスト見比べて選んでるかとか
マニフェストはどこまで履行されるのかとか、
本当はそういうことで選ばなきゃ行けないのに、結局は情報操作というかそういうので
大切なことは見えてないような気がします。

子育てメインのブログなので政治的には中道でいたいとここではおもっておりますが、
はてなダイアリーとかではけっこう好き勝手書いております。

また機会があればぜひ。
Posted by リョウ@西区男の子育て日記 at 2007年11月19日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66961301
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。