2007年10月22日

[お出かけ] ベビーカーでの外出と公共空間についての考察

先週金曜日にベビーカーが届いた。
週末ちょうど中山寺にお礼参りにいく予定だったので、
こちらの特訓も兼ねてベビーカーで出かけてきました。
近所を散歩程度ならまだしも、
電車に乗って、となるともうこれが大変、、、
いろんな要因があるけど、正直な感想としては
「おい、ベビーカーってほんまに便利か?」
て感じでしたよ。これほんとに。

今回のお出かけに限って考えられる要因は
・初めてのお出かけ、こちらも慣れてない
・お礼参りなのでちゃんとした服装
てのもありますが、それだけでもないなあ。

首が据わってないうちは当然リクライニングで使うから
折りたたみや乗せる時にも一手間余分にかかるし、
タクシーから電車の乗り継ぎ、とか、
エレベーター探して、とか、エスカレーターはおろして、
とかそういうのがいろいろぎこちない。
端から見てるともう初心者丸出しなはず。むむむ。

今までは外出といってもスリングに入れてひょいと出るので
気軽に出かけられていたけど、ベビーカーはそれ自体荷物になるので
やっぱりフットワークも重たくなるし、何かと大変。うん。
ま、首も据わってカラダも重くなってくると
やっぱりないと大変なことにはなるんでしょうけどね。

でもあれです、慣れた感じの人を見てて、
ん、それってほんまにええんか?ってことも多々。

例えば階段、数段の段差くらいのとこなら
抱えて行くのもありだろうけど
フロアを移動する感じのとこでもけっこう遠慮無しな人。
エスカレーターで子供を乗せたまま移動する人。
一応エスカレーターには注意書きがあって
「ベビーカーに子供を乗せたままの移動は危険」とあるけど
これって何かあったら「危険、とかじゃなくて禁止にしない方が悪い」
とかそんな話になったりするのかなあと思ったり。

電車に乗る時も折り畳むか否かはその時の状況次第か
でも「混んでる」と判断するのは主観だから、
迷惑と感じる人はたくさんいるだろうなあ、とか。
あれ、どうなんでしょうね。じゃまとか危険とか
いろんな判断の仕方があるだろうけど。
でも結局はちょっと乗せてちょっと畳んで、を繰り返す。

結局のところベビーカーは楽するための道具なわけで、
「楽したい」てのが「マナー」「ルール」とせめぎあうんだろうな。
冷静に端から見てるとベビーカーは弱者としての免罪符で、
大義名分ともいうかもしれないけど「ほら、うちベビーカーだから」
と弱者を主張する感じがやっぱり見受けられます。
「みんなもっと僕にやさしくしてよ!」と碇シンジばりに叫ぶような。
子連れでベビーカーだから、優しくされて当然、みたいな。

自分がその立場に立つまではけっこう冷静に眺めてて
でもいざベビーカーで電車に乗ると、
「一駅やから畳まんでもええやろ」とか、
「今寝入ったとこやから、このままにしときたいなあ」とか
そういう都合ばっかり考えてしまうのも、事実な訳です。

福祉やいろんな世界で「弱者にやさしく」といわれるけども
それは本当にやさしい世界なのかどうかと気になるものですね。

自分以外の人は、基本的に子供が泣いてたりするのを
よく思ってないはずだと心がけておかないと、
やっぱりいかんなあとおもうのです。

で、ネットで見つけたこんなニュース。
子連れのバス、舌打ちに悔し涙した私 - OhmyNews
現在、バスで片道40分かけて保育園へ通園している。渋滞ともなれば、1時間位乗っていることもしばしばある。そんなこんなで今まで、朝早くて夜遅いという生活が続き、最近はバスの中で我が子がグズる事が多くなっていた。バスの中で一度グズり出せば、狭い空間だけに、その声は車内中に響き渡り、迷惑そうな視線を向けられる。
【中略】
その中で、毎回舌打ちした上、ブツブツ文句を言う中年の男性がいた。神経質そうな風貌だが、いつも手入れの行き届いた上品なスーツを着ている。きっと、奥様がきちんとした方なのだろう。この日は、真後ろの席だったので、
「申し訳ありません」
と声をかけた。それでも我が子は泣き止まない。しかし、また舌打ちをされる。その瞬間、これまで私の中に蓄積されたものが爆発した。
「子供って、泣くものじゃありませんか?」
そうすると、中年男性は面倒くさそうに、
「だったら、もっと早く起こして、きちんとしてくりゃあいいんだよ」
と応じた。私の怒りはピークに達した。
「午前6時30分には起こしてますが、何か? お子さんいらっしゃいます?」
「ああ、いるよ」
「ご迷惑なのはわかりますけど、舌打ちとか、そういうのはどうかと思います」
「人がウトウトしてる時に、突然泣かれりゃ怒るだろう! 毎回、毎回!」
たしかにバスで一時間、子供がぐずるのも大変だけど
ここでキレちゃいけないよなあ。
そして、「子供が泣くのは仕方ない」のは、
子供がいる人の意見であってそれは押し通しちゃいけない気がする。
こういう、「弱者の意見」ってやっぱり怖いなと自戒の念を込めて。

まあ、でもあれですよ、
安産祈願の帰りに妊婦の横で歩きタバコの父親とか
参道をワゴン車でクラクションならして通行人をかき分けて
自分は片手でたいやき食べながら運転してるとか
(助手席はこれも安産祈願帰りの奥様がのってましたが)
結局はみんな自分がかわいくて、他の人は二の次で
自分が楽するために他の人は我慢してね
ってなっちゃうんだろうなあ。ほんと気をつけたいものです。

しかし、帰りに阪急百貨店に寄り道して、
ベビーのフロアに直行する「ベビーカー優先」エレベーターで
奥から降りようとした人がベビーカー押して
「すいません、降ります」って言ったときに、
前にいた別のベビーカーのお母さんが「降りません」
と言って譲ろうとしなかったのには言葉がありませんが。
「降りません」ってなんだよ。私は降りないからどきません、なの?
相手が自分と同じくベビーカー押してるってことが
想像できないんだろうなあ。ん〜。

ベビーカーを押してみると、今までと違った物事が見えてくる。
視点とか立場とか、そういうのが今までに体験したことのない感じで
だからこそ気をつけなきゃいけないこととか、
今までのやりかたをもちこむんじゃなくて、なんというか
押す方にもそれなりの心得が必要、というか、そんな。

関係ないけど、元ハイスタの横山健が、
自信のコラムにこんなことを書いていた。
横山健の別に危なくないコラム vol.∞(無限大)
オレは今までの35年間の人生でいろんな感動の場面に出会ってきたが、そのどれとも全く違う喜びなのだ。「人間にはまだこんな感情があったのか」と思わされる程、何とも似ていない。
彼の音楽自体は特に好きではないけれど、
この文章は本当に素敵な言い回しだと思う。
ちょっと泣きそうになった。ぜひ読んでみてください。
(リンクは上のタイトルから)

つまり、僕が言いたかったのは、
ベビーカーを押すという行為は他の何とも似てないので
心してかかるべし、と、誰かに主張したいのではなくて、
僕自身はそんな風に考えている、ということです。
長く書いたけど二行ですむじゃんか。ありゃりゃ。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。

posted by リョウ at 22:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ
この記事へのコメント
うちはベビーカーまだ購入してません。今回の意見とても参考になりました。

今、お出かけやらお買い物は新生児用の抱っこ紐で行ってます(横抱き専用のもの)
両手が使えるので便利だったのですが、そろそろ頭がはみ出そうです・・・

首が据わってからの立て抱き専用の抱っこ紐も友達に借りてるので、今のが使えなくなったら、そっちに変えるつもりでしたが、首が座る前に今のが使えなくなりそうなのでどうしたもんかと悩み中です・・・

先週、百貨店に行って初めてベビーカーを借りたのですが、リョウさんと同じく「便利かな??」と疑問に思ってしまいました・・・
今まで抱っこ紐だった分、赤ちゃんとの距離が遠く感じたし、
周りの人が上から覗き込むようにして見るのがちょっと気になりました。
その方達は「かわいいね」って言ってくれるのですが、物騒な世の中なのでやっぱり知らない人が自分の赤ちゃんを上から覗き込むことができるっていうのは、何だか不安な感じもしてしまいました。
考えすぎなんですけどね(^^;

うちはエレベーターなしのマンションの3階住まいなので、平日のお買い物時は多分ベビーカー使いません・・・というより、使えないです。
赤ちゃん抱いて、買い物袋下げて、ベビーカーも持って3階まで上がるのはさすがに無理です(´へ`)
でもこれからの季節、たくさんお出かけしたいし、そうなったら必要になるのかなと思います。
なにぶん、うちの子重いですから・・・

Posted by なる at 2007年10月27日 03:14
>なるさん
こんなだらだら長い日記に優しいコメントをありがとうございますw
しかも参考になっただなんて、、、
嫁とも話してましたが、とても納得できるところの多いコメントでした。
今日も今からお出かけの予定ですが、ベビーカーは置いていくつもりですよ。
横抱きのだっこひもがどんなものかわからないのであれですが、それがはみ出るくらいってよっぽどですねえ。1日違いでそんなに差が出るもんなんですねえ。むむむ。

7月出産の友達は基本車で移動なのでまだベビーカー買ってないみたいですが、おすすめとしてはまず1週間レンタルとかで借りてみて、外出や買い物、散歩まで色々使い回してみるのがいいと思いますよ。そうすると「あ、うちにはまだ早いか」となるかもしれませんし。

ただ、6kg超えて、首が据わって、となってくると確かにないとずいぶんしんどいのかもしれませんけどねえ、、、
Posted by リョウ@西区男の子育て日記 at 2007年10月27日 13:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。