2007年09月19日

[ニュース] パパ力(ヂカラ)検定?あほらし。

子育てニュースについてはいろいろ眼を通しているけど、
これはちょっとないんじゃないかと思った。
あなたの「パパヂカラ」は? NPOが来春「パパ検」
 父親支援のNPO法人「ファザーリング・ジャパン」(東京都)は男性の子育て知識を問う「子育てパパ力(ヂカラ)検定」(パパ検)を来春実施する。19日、受け付けを開始した。点数に応じて、「スーパーパパ」「ナイスパパ」「チャレンジパパ」などの認定証を贈る。

 検定問題は妊娠・出産から6歳ぐらいまでの子育てや、子育てと仕事の両立をめぐる制度などを「生活」「遊び」「社会」「制度」といったジャンル別に50問。例えば「1歳未満の離乳食に不適切とされている食材と、それに含まれる可能性のある菌の組み合わせは?」など。「映画『クレイマー、クレイマー』で父親役を演じたハリウッド俳優の名前は」といった“遊び”もある。


ファザーリングジャパンというのは
「父親であることを楽しむ」という趣旨のNPOで、
会員を見てみてもけっこうな企業から出向している。

企業にしてみれば「うちは子育ても応援しますよ」
的な意味合いにもなるんだろうし、
まあ、そういう大人の事情は別にしても、
それなりに面白そうだし良いんちゃうの、とおもってた。

で、大々的に表に出てきたら「パパ検定」である。

3,900円の検定料を納めて、「パパ3級」とかになるのか。
それがいったいどうしたってんでしょうか。
打ち合わせでクライアントのところに行って、
名刺もらって「パパ1級」とかかいてあるんだろうか。
「素敵なお父さんなんですね」とか言えば良いの?

知識とか、子供の相手とか、
そういうのって検定として認められるべきものなんだろうか。
英検とかそろばんとか、そういうものと根本的に違うでしょ。
これだったらよっぽど「京都検定」の方が
酒の席での肴として盛り上がるんじゃないの?

ん〜、それを押し進めようという気持ちもよくわからないし
受けようとする人は何を求めて受けるんだろうかね。
その辺僕にはよくわからないけれど。
僕が娘の父親として、誰かに何かを判定されるいわれは無いし
それを唯一出来るのは奥様と娘だと思うので
「『クレイマー、クレイマー』で父親役を演じた
ハリウッド俳優の名前」がわからないことで、
何か娘に対して迷惑かけることがあるんだろうか、と思う。


まあ、そんなにムキになることも無いんだけど、
ネットのサービスとして、例えばブログパーツとして
そういうのがあれば嬉々としてやるんだろうけど、
検定料を納めて(何の金額なんだろうか)、
試験を受けて、その結果として「チャレンジパパ」なんて
言われて、なにが嬉しいんだろうか、と本当に思う。

ん〜、なんだかよくわからないけど、
今のところそんなことを思います。
タグ:父親

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。

posted by リョウ at 23:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ランダムから失礼します。
ちょっと立ち寄らせていただきました。
また、遊びに来ます。
Posted by P!cyu。 at 2007年10月01日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。