2007年09月13日

[自転車] 自転車事故に見る子連れの交通手段

傘差した高3の自転車に追突され、主婦死亡
群馬・桐生市の市道で12日朝、自転車で通学途中の高校3年の男子生徒(17)が、道路左側を歩いていた主婦・高橋サトさん(70)に追突した。高橋さんは頭を強く打っており、まもなく死亡した。
調べによると、男子生徒は左手で傘を差して自転車に乗っており、「前をよく見ていなかった」と話している。

まあ、よくあるような事故なんですが、
結果としてぶつかられた方がなくなってしまった、
ということで一転殺人事件になってしまいました。

なくなられた方の冥福をお祈りします。

が、これって本当によくあることです。
自転車乗りとしては無謀な自転車って本当に腹が立って、
傘さし、携帯、無灯火、その他諸々、
いろんな人が一様にルールを守らないので
自転車乗りの社会的立場はどんどん弱くなります。

いや、僕がいいたいのは自転車乗りの話ではなくて。
我が家では今までは僕と奥様とで出かける時は
自転車で出かけることがほとんどでした。
が、妊娠を機にのらなくなってしまったので、
奥様の自転車は妹に譲りました。

そして産前産後でどこの家庭も考えることでしょうが
「ベビーカー、どうするよ?」て話になります。
「ベビーカーの選び方」なんてのを調べてみると、
だいたいの確認項目はこんなところ。

・お住まいの住居は一戸建て?マンション?
・車は所有してる?
・出かける時は電車を使うことが多い?

とかなんとか。
そういうので選ぶならうちは軽めでコンパクトな
国産ベビーカーがいいということになるんだけど、
ベビーカー実際高いし、しばらく我慢してB型にするか
と思っていたのだけど、もうちょっとがんばれば
子供のせ自転車だってのれるんじゃないか、となる。

子供が出来たら今までと行動範囲も変わるとはいえ、
近所ならスリングか歩くかで大丈夫なはずで、
ミナミやキタまで出るなら自転車の方が便利。
まあ、最終的にはそのくらいになってから追って考えるとして
西区は自転車で暮らしやすい感じのエリアなので
やっぱり多い訳ですよ、ママチャリ。

が、マナーとかルールとか、本当にもう危ういものです。
子供を乗せて携帯触ってるとか、傘をさしてるとか
安全とかあんまり考えないのかなあと思ってしまいます。
自転車はぶつかられることももちろんあるのですが、
交通法規に従って通行すべき車両になる訳ですから
加害者になったり、他人はおろか結果として子供を傷つけることもある。

何でもかんでも法律を作ればいいってものでもないし、
かといって「当然のマナー」が守れないなら明文化はすべき。
前後に子供二人乗せたお母さんや(乗車人数オーバーで違反)
傘をさして自転車に乗ってるおばちゃん(安全運転義務違反)
携帯でワンセグ見ながら走ってる高校生(当然違反)
無理からでもガッツリ取り締まるべきなのかと思ったりしますね。

子供に自転車ののり方を教えるのとか
けっこう今から楽しみにしてたりするのですが、
そういうルールとかって親が教えるべきことなのか
明文化して法律で縛るようなことなのか。
被害者になる可能性を思うと、どっちがいいことやら、、、

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。

posted by リョウ at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。