2007年08月30日

[出産] たらいまわしに見る産婦人科の事情

デジャブかと思うようなニュースがまたありました。
この日記をご覧の妊婦さんにはきついかもしれませんが。

昨日の夕方御堂筋線に乗っていたら、向かいの席で
「妊婦9」とだけ読める新聞。折り畳んでるから読めない。
でも、妊婦が夕刊の一面ってことはよっぽどか、とおもっていたら。
>10病院に受け入れ断られ、救急搬送の妊婦流産 - iza(産經新聞)
29日午前5時10分ごろ、大阪府高槻市富田丘町の国道171号交差点で、奈良県橿原市の女性(36)を搬送中だった救急車と、大阪府茨木市の自営業男性(51)の軽ワゴン車が衝突した。女性は妊娠3カ月で、別の救急車で午前5時50分ごろ病院へ着いたが、死産が確認された。女性らにけがはなかった。
奈良県の中和広域消防組合によると、女性は同日午前2時45分ごろ、出血を伴う腹痛を訴え119番通報。産婦人科を探したが、奈良県では受け入れ先が見つからず、12カ所目に打診した高槻市の病院へ搬送する途中だった。


昨年8月の似たような事件も奈良。
マスコミはきっとセンセーショナルに記事を書くだろうし、
病院や医師の対処が悪い、てことになっていくだろうね。
もちろんいろんな状況があっていろんな原因があるから、
よくも知らないうちから断言することはとても危険です。

ひとまず、何はさておき、
なくなってしまった赤ちゃんの冥福を祈ります。

しかし、産科の状況がよくないというのは、
結構深刻な問題だと今更ながらに思います。
身近なところでは住友病院が分娩休止になったから
僕らは厚生年金病院で出産することにした訳だし、
産後お見舞いに来てくれた友人が以前入院してた
尼崎の病院では産婦人科が婦人科にかわったらしい。

小児科医療、僻地医療は
けっこうテレビで取り上げられているけれど、
いやはや、産科って、実はかなりきついところだと思う。
産後のケアにしても24時間つきっきりなうえに、

複数子供を産むことが少ない現状ではママ達はほぼ初産婦。
単純な医療行為というよりは、子育てのレクチャーまで含むし、
出産に至っては「命を生み出す」てことはそれだけ
「命を亡くす」ことだって十分にある訳だし、
しかも結構な割合でクレームになったり
することもあるんだと思う。

推測だけで記事を書くのはよくないな。ソース、、、

『後期臨床研修案内』
産婦人科の現状と今後

例えばこれの真ん中にあるグラフ。
久留米大医学部の研究、ということだけど、
確実に産婦人科医は減ってる。

「どうする?日本のお産」プロジェクト
- 質問1

これ、以前から言ってる集合知のすごさでしょうか。
肩書き、地域、信憑性はさておき、すごい情報量です。
他の質問も量、内容ともに一見の価値有りです。

もちろん今回おこった事件自体も痛ましいことだし、
個々の対応や状況については、色々問題もあるのかもしれません。
が、子供を産むこと、育てることは国の根幹に関わることだし、
そういうところのバックアップはきちんとすべきなんだと思います。
もちろんそれにかかわらず医療全般そうなんですけども。

たとえばクオリティを保ちつつ医者数を増やすように、
教育制度や医学部の諸費用、医者の給与体系なんかを見直すべきだし、
医療費の自己負担引き上げや消費税増税はやむなし、だろうし、
詳しくはわからないけど税制の見直しってのは必須なんだろうなあ。

そういう風に思うと、やっぱり政治はとても大事で、
新しく厚生労働大臣になった舛添要一氏については
「残念なことが起きた。(医師不足問題は)
省全体で取り組んでいくべきテーマだ」としているけど
さて、どこまでやってくれるかは見守っていきたいところ。
NIKKEI
NET


ちなみに上の日経のサイト、
前厚労相柳沢氏についてはこんな記述。
退任した柳沢前厚労相は会見で、在任中に「社会保障の財源を安定的に確保することを財政の中でどうやってやるのか」を重点的に研究していたことを明らかにした。
「産む機械」とかなんとかでいろいろ騒ぎ立てていたけども、
結局はそれよりももっと大切なことはたくさんあって、
テレビのニュースはやはりゴシップで、
知りたい事、知るべき事はやっぱり教えてくれない。

大人の世界は何かと大変だ。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。

posted by リョウ at 19:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
レイちゃんすくすく育ってますね!(写真拝見しました)赤ちゃんが生まれてからの生活がリアルに伝わってくるのでブログ楽しみに読ませてもらってます。

奈良の赤ちゃんの事件は、うちも妊娠中なのでとても身近に感じられます。
医療とか救急とかの問題は、政治とか行政の方でなんとかしてもらわんといけないんでしょうけど、自分の日々の生活でもカイゼンできることがないかというのを考えて行動に移していかないといけないのかなって思い始めたりしてます。

赤ちゃんがやってきてから(まだ生まれてないですけど)、世の中のいろんな事件が自分のことのように感じられるようになりました。他人事じゃなくなったことが増えたんでしょうかね。
Posted by 新米父ちゃん at 2007年08月31日 00:59
>新米父ちゃんさん
そちらのブログも拝見しました。
色々細かく調べてらっしゃって驚きましたw
おっしゃるように、子供が出来てから社会のいろいろに敏感になりましたし、
あとは政治参加みたいのに積極的になりましたね。
とりあえずはたかじんの委員会見て勉強中ですw
Posted by リョウ@西区男の子育て日記 at 2007年08月31日 11:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。