2007年08月21日

[病院] 産後の入院で気になること

昨日は完全に寝落ちでした。
写真10枚くらいはろうと思ってたのに、
なにやら訳の分からないことをタイプしたり、
きがつくと「っっっっっっっっっっっっっっt」ってw

まあ、よしとしましょう。
つまりは立ち会い出産は思いのほか体力使うなあ、ってことです。
奥様の方が大変に決まってるのだし、先に落ちてはいかんと、
結構踏ん張るのですが、やっぱりたいへん。うむ。

とりあえず今日の写真を貼っておこうかな。うふふ。
生後1日 1day after birth.

なんだか書きたいことはいろいろあって、
親ばかまっしぐらな感じでもよいのだけど、
それはmixiで個人的にやってるので、こちらは別の角度から。
が、奥様のmixiにこっちのリンクはったので、
そっちからの人もいると思うとちょっと緊張して、、、w

ま、いいか。

で、出産したのが今からちょうど2日前。
今日、昨日と二日間奥様はベッドの上で暮らしております。
デンマークで出産した友人、かの国は保険で子供の医療費無料なので
逆に一日入院したら次の日には退院したそうです。
しかし、出産が無料っていいよなあ。。。税金は50%とか、だけどね。
で、産後の生活、母親教室的にいろいろ学べるということも含め、
こうして1週間病院で生活することというのは、
「可能か不可能か」という話ではなく、母体を守るためにも、
家事をせずにすんで、かつ初産ではおむつの変え方も教えてくれて
なんというかとてもありがたいものだなあと思います。

保険制度が崩壊したアメリカだと、入院費用が大変、とか、
1ヶ月以上休暇を取るなんてキャリアに響くわ、とか
そういうのもあるのかもしれないけどね。うむ。

さて、本題に戻りますが、厚生年金は基本母児同室。
カンガルーケア、母乳保育と全般的にアナクロな育児を推奨。
昨日はうちの娘も保育室で寝てたようですが、
どうやら今日からは母親のベッドの隣で寝ることになりそう。
生後1日 1day after birth.

が、もちろん子供はすぐに泣くし、他のベッドからも鳴き声は響く。
それがいいかどうか、というのはまた別の話だと思うのですが、
病室のカーテンはいつ行っても、常に閉じたままなんです。

おっぱいをあげることもあるだろうし、
人が来てるから、てこともあるだろうけど、なんとなく違和感がある。
昔自分が入院してた時のことや、おばあちゃんが入院してたとき、
大部屋のカーテンはデフォルトで開いてるものだった。
向かいや隣のベッドの人と話をしたり、
迷惑かけそうな時は談話室に行ったりとか、そういうはからいというか
「他人に気を使うこと」が当然だったような気がするんだけど
どこの病室もカーテンは常に閉まったままみたい。
それが市内だからなのかどうなのかはわからないけど、
なんだかもったいないような気がする。

せっかく同じ時期に同じ地域でうまれたのだから、
情報交換や退院してからの付き合いみたいなものや、
もっというなら地域も一緒なら学校で一緒になるかもしれなくて
「同じクラスの○○ちゃん、誕生日が1日違いなの」てことになって
「そんな名前の人、聞いたことあるような、、、」
みたいになることだって十分あるかもしれないのに、
そういうコミュニケーションを断絶するような、というか
なんだかもったいないような気がします。

もちろんみんな事情や状況はあるだろうから、
なかなかそんな風にも行かないのだろうけど、
「病室のカーテンが全て閉まっている」なんて、
なんだかおかしな状況のような気がしますね。
いや、同じ病院でも産婦人科だけそうなのよ、と言われれば、
それはそれでわかるような気もするんですけどね。


しかしあれだ、新生児の沢山いる場所って、
ほうぼうから「うちの子が一番かわいい」オーラが出てきておもしろい。
いや、どう考えてもうちの子が一番かわいいんだけどね。
うまれた日、F3
タグ:病院 産後 入院

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。

posted by リョウ at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 産後
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52239140
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

産後
Excerpt: 産後ダイエット産後ダイエットは、出産直後にお母さんがまず考えることの一つに挙げられます。というのも、ほとんどのお母さんが一般的な許容範囲である8kg以上の体重増加があったり、許容範囲内であったとしても..
Weblog: 産後のダイエットが本当のダイエット
Tracked: 2007-08-26 03:43
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。