2007年08月16日

[臨月] D -8:陣痛はやってこない

昨日調べた結果もあって、たくさん声をかけてみたのだけど、
どうやら何事もないまま一日が終わっていきました。
まあ、しょうがない。
時が来たらちゃんと出てくるだろうことはわかってるので
特に焦ってる訳でもない、と必死に言い訳w

昨日はひたすらに散歩しました。
昼間は心斎橋まで昆虫展を見に行って、
その後靭公園まで往復。
夜に食後の運動もかねて厚生年金病院へ。
下見というか散歩コースがないからというかw

奥様の前駆陣痛はというと、ぼちぼち、といったかんじで、
規則的も何もどこかに行ってしまったかのくらいに収まったみたい。
全体的に慢性的な痛みとかはあるようなので、
着々とは進んできてるようだけど、
なにかわかりやすく陣痛っぽい症状もない。

調べてみると「陣痛らしきものはわかりませんでした」
という人もいるし、実家に帰ってきた友人が
「うちのおかんが言うには、、、」と体験談を聞いてきてくれたりw
まあ、いろいろですが、とりあえずは兆候らしきものは無し。

ただ、ネットで見つけた「陣痛が近づくと起こりやすい症状」
みたいなやつは一通りクリアしている様子。
お産の兆候/妊娠中の質問
  • 赤ちゃんが下がり食欲が出る
  • 胎動が少なくなる
  • 恥骨や足の付け根が痛む
  • 尿漏れがある
  • ときどきおなかが張る
  • おりものが増える
  • 下腹部がチクチクする
  • 不規則で弱いおなかの張りが続く
うむ、ぜんぶ当てはまる、、、、

と、そこまでくると後は純粋にタイミングの問題。
なるようになる。てか、なるようにしかならん。

早く産まれておいでよ、外の世界は楽しいよ、と
話しかけてみて後は個人の判断に任せましょうw

そして今日16日は僕自身の誕生日です。
30年前の今頃、父と母が過ごしたのと同じような時間を
こうして僕が今過ごしているというのもおかしな感じです。
自分がこうして親になろうとしている今、
誕生日の意味や命の意味、そういうのが少しずつ変わったように感じます。

折しも昨日は終戦記念日。
昔は「戦争のない平和な世界になりますように」とか
けっこうお花畑みたいなことを思っていましたが、
まあ、夢や理想だけではやり過ごせなさそうな現状で、
仮に近隣諸国が攻め込んできたとしたら、
きっと僕は「国家のため」ということよりも、
奥様や産まれてくる子供のために、戦うんじゃないだろうかと思うのです。

女性の場合はそうもいかないだろうし、
「自分が身を痛めて産んだ子供が戦場に行かないように」
という、いわく「市民団体」的な思考になるのは当然だろうけど、
僕はやはり、愛するもののために身体を張って、
やらなきゃいけないこともあるだろうと思います。

昔は普通に流れていたはずの正午のサイレンを
ここしばらく聞いてないように思います。
戦争のない世界を子供のために作ってあげることは当然のことで、
でも「現実的に」そういう思想や歴史の事実、
「親として何を子供に伝えるべきか」ということを
きちんと伝えられるようになりたいと思うのです。

自分の誕生日、子供の出産予定日、
そして終戦記念日がまとまってやってきたりしたものだから
今まで以上に命のことや、自分自身の責任について、
ちょっと考えたりしてみたのでした。

とりあえずは明日に備えます。
明日生まれたらいいのにな〜

出産予定日:D -8
前駆陣痛:D +6
おしるし:D +5
胎動収束:D +4
(※8/16現在)
タグ:臨月

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。

posted by リョウ at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51536233
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。