2007年07月31日

[政治] 子育て視点の参院選

昔営業の仕事をしていたときに、
「宗教・政治・野球の話はタブー」と言われました。
まあ、確かにそうだなあと思います。
個人の趣味、思想が営業という範疇を超えて出てくるので、
営業マンが話題作りとして持ち出すのは確かによくないでしょうね。

個人的なブログやmixiにはそれなりのことを書いてみましたが、
せっかくなのでここでは「子育て」と政治について、
少し僕なりに考えてみようと思います。
あんまりややこしくない感じでね。ははは。

結婚して子供を授かってからというもの、
生活の一つ一つがすごくリアルになったような気がします。
年金とか保険とか、そういうことにもすごく敏感になったし、
自分の子供たちが大人になった時にも、
日本が素敵な国であれば良いと思うし、
親が子供のためにしてあげられることは、
直接的なことはもちろん、環境や世の中を整えてあげるという、
けっこう間接的なところまでとても幅広く存在すると思います。

ピチカートファイブの歌であったけど
「こどもたちのこどもたちのこどもたちに」って、
なんというか、そんな感じ。

政治というものがあって、民主主義で国民に国の主権があって
その主権の行使は選挙という形で20歳以上にゆだねられている以上
その権利を行使して国を作っていくことは、
自分のためというよりは子供のためじゃないかと今は思います。
つまりは「自分が投票しても何も変わらない」のは事実だけど、
自分が投票しただけで簡単にかわってしまうのも怖いわけで、
「○○党に投票した」ことが形をなしていくのは、
もう少し長いスパンで、それこそ子供が大きくなってからの話。
だからこそ僕らは自分たちの未来を真剣に考えなきゃいけない。
漠然とですがそんな風に思います。

今回の選挙の争点がいわゆる年金問題に帰結したのは、
そういう意味では少し残念なことだと思います。
各政党ともマニフェストにはもっと幅の広いことが載っていて、
実際子育てに関することも多く含まれていたのですが、
その一つ一つが吟味されることなく、
失言の揚げ足取りや年金問題の押しつけなど、
ワイドショー的に見栄えのすることばかりが
メディアで騒がれていたように思います。

結果として民主党が多くの議席を獲得し、
そのマニフェストには26,000円/月の子育て手当を出す、
と書いてあったけど、その詳細や財源が語られていたわけでもなく、
女性党に至っては各種支援に18兆円の資金が必要で、
その財源は「あると思います」というよくわからないことを
選挙広報に掲載していました。
月の支給が増額するのは単純にうれしいけれど、
その分増税があったり外交が危うくなったりするのなら、
それって本当に意味のあることなのかと思います。

確かに今の僕ら夫婦には「出産一時金増額」とか
「子供の支援を月いくら支給」という言葉はすごく聞こえが良いけれど
それは目の前にぶら下げた人参のようなもので、
根本的な子育て支援のようにはなかなか思えない。

何度か書いているように教育というものが
子供だけでなく親にとっても重要視されていたり、
そういう問題の根本というか、本質的なところというか、
そういうことをもっときちんと考えられないものかといつも思います。

生む機械とか二人以上が健全だとかその時も結局は一緒で、
問題は言葉尻じゃなくて、その環境を整えるために、
じゃああなたは何をしてくれるのか、ということなんだと思います。
でも結局選挙公報や政見放送を見ても漠然としか語られない。
詳細まで理解するなら、選挙事務所に足を運んで、
候補者や事務所の人と直接話をしなきゃならない、というのなら、
今のネットの時代にそれはちょっとないんじゃないかと思います。

子供を産み、育んでいくことというのは、
誰のためでもなく、僕ら自身のためにやっていることだけど、
日本の未来、というものを具体的に形にするのは
子供を二人以上育てられる環境を作ることだと思うし、
そのための仕組みや税制などを作っていくのが
本当の意味での子育て支援なんじゃないかと思うのです。

最近話題の中国製品もそうですが、
製品やサービス、公共施設、サービス、その他含めて、
広い意味で「環境」を整えていかなきゃいけないと思うし、
そういう点でこの人に政治を託したいと思う人や政党が
なかなか見当たらないと思うのが僕の現状です。

全体としては今回の参院選は、
自民党閣僚の失言や「弱者切り捨て」政治の結果として、
アンチ票が民主に流れたといわれているけれど、
僕自身もいわゆる浮動票を抱えた人間ではあるけど、
そういう局面的な選挙というのは、なんだか怖いなと思います。

「国民の生活が第一」とうたって議席を獲得した民主党、
あくまで参議院なのですぐに結実することはないと思いますが、
今後の成り行きを良く見守っていきたいと思います。
ま、全体としては自民一辺倒ではなく、
衆参合わせてバランスがとれてきた気がするので、
政治家の皆様も、国民も、そしてマスコミの報道も、
より真摯に向かい合っていかなきゃいけないと思います。

思ったことをつらつらまとめたので取り留めないですが、
一言でいうならば
「自分ら、いうたからにはちゃんとやってくれよ」
てとこでしょうか。なんや、一言ですむんやんか。


全部読み返してみて、政党や政治家についてのコメントもいれたかったけど、
こんな感じで総論としてまとめることにしておきます。
大人になったなあ、僕。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。

posted by リョウ at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。