2007年07月18日

[ニュース] 「子連れの外食、どう思う?」朝日新聞より

朝日新聞のサイトでは、社員の子育てブログみたいのをやっている。
これはこれで結構面白いので、機会があれば見ています。
朝日新聞記者の子育て日記

で、今回のテーマが「子連れの外食、どう思う?」です。
今年2月、朝日新聞朝刊・声欄のある投書が印象に残りました。「居酒屋に子ども連れの客が見られるようになった。店側が入店を断ってはどうか」という趣旨でした。
私も居酒屋に子連れで来ている人を見たことがあります。息子「みぃ」の育児を始める前なら、私もその投稿に賛同していたかもしれません。
でも、今は違います。投稿の数日後、同じ声欄で子育て中の女性から反論があったように、最低限のマナーを守っている限り、優しく見守って欲しいと思います。


話しの大筋としては、
「子連れでも外で食事はしたい。ストレス発散にもなる。
でも、雰囲気のいい店はいけないので、せめて居酒屋にでも。
周りの人も迷惑かもしれないけど、誰もが通る道だから、
そのあたりは多めに見てください」
というかんじ。
くわしくは原文を読んでみてください。

で、「まあねえ」と思いながら読んでいても、
なんだか途中でイライラしてくる。
つまりは「子供には罪はないでしょ。だから周りの人も我慢してよ」
てな論調なのです。

これって、先日書いた「子育てロック」とは真反対の意見。
念のため、同じ部分をもう一度引用。
>シーズン直前!子連れの夏フェス参加について考える

どうも……親の中には、
「うちの子はかわいいから、
他人から見てもかわいいだろう」という甘えというか、
勘違いをしている人がたくさんいる気がします。
あなたのお子さんは、
ほとんどの他人にとっては、かわいくないです。

まさにこの人のこと、、、みたいな、、、。

この週末、機会があってりんくうのアウトレットや、
ファミレスで食事をしたんだけど、
やはりそういうところって「子連れウェルカム!!」な感じで
設備も整っているし、周りも子連れだからそこまで気にならない。
もちろん最低限、当然のマナーは別としても、
子連れがたくさんいることが前提だから、
周りもある程度は容認してくれるわけです。

が、朝日新聞の記者ともなれば、ファミレスとかは
勘弁してくれよ、てな感じなんでしょうか。
近所に家族がいないから預けるわけにもいかない、
と書いてあるけど、それが正しい選択なんだろうかなあ。

やっぱり子連れでエゴの強い人って見かけるけど、
靭公園で小型犬つれてる人なんかも同じ感じで、
「ほら、ウチの子かわいいでしょ、だから、、、」
というオーラが出ていてとても疲れる。
確かに、小さな子どもの泣き声はよく響くし、聞いていて心地よいものではありません。店内を駆け回り、泣く子どもをほったらかしにしているのなら論外ですが、そうでなければ、「お互い様」と少し大目に見て欲しいと思います。
育児経験者には「私たちにもこんな時があったな」、未経験者には「こんな時が将来来るかも」という風に。

新聞の論調っぽいなあ、とつくづく思う。

「赤ちゃん・子連れの外食、
読者のみなさんはどんな意見をお持ちですか。」

とあるけどコメント欄があるわけでもなく。
なんだか子育てについての意見というより、
朝日新聞批判みたいになって来たなw
てことで、自分の意見だけまとめておきます。



「子連れでもいろいろ出掛けたい」という気持ちには賛成。
自我や意識の有る無しに関わらず、いろんな体験をさせたいし、
それは「子供にこんなことさせたい」というより、
「自分はこういうことしたい。子供も一緒に連れて行きたい」
ていうのが僕と奥様の間では最優先です。
それは観光地やお買い物、食事に行く時でもきっとそうで、
もちろん自分が客として来ているときに
「ここに子連れでくるか、、、」と思う所は絶対行かない。
それは街や店で遊ぶ人にとっての暗黙の了解みたいなものだから。
「こういう客いややなあ」という客にはならない。
だから、お洒落なカフェや居酒屋、バー、クラブ、ライブハウス、
そういうところには子供は連れて行かない。

で、食事に行く所ってのはいろいろあるだろうし、
個人的にファミレスは苦手なのであまり行きたくないけど、
居酒屋には多分行かないだろうと思います。
タバコ、アルコールのにおい、酔った客。最悪。
飲み屋で店員に気を使うなんて、意味が分からん。
マナーや礼儀は別としても、気持ちよく飲みたいから行く所。
それで人に気を使って子供の面倒を見て、
周りからは白い目で見られる。もうよくわからん。

そういうところに行きたい時は、
基本的に子供は預けて行くだろうし、
そういうコミュニティやネットワークを作ることが
そもそも大事だと僕は思っています。

で、居酒屋じゃないにしても、子連れで外食することは
これからいくらでも出てくるとは思うけど、
少なくとも絶対に
「お互い様」と少し大目に見て欲しいと思います。
なんて言いたくない。
店でも、電車や道ばたでも、「子供だからしかたない」
とは言いたくないものです。本当に。

フランスでは子供は人ではなくて、だからこそ
「親がしつけて人間にする」というのだけど、
僕はその考え方に基本的には賛同できると思います。
お客を家に招く時は子供は先に寝かしつけたり、
しかるべき場所に行く時は子供を預けたり。
ま、半年もしたら何を言ってるか予想も出来ないけどw
でも、子供と大人は、明確に別の生き物だと思うのです。

それに「お互い様」というのは周りの評価であって、
決して主体となる人が自ら言うことではないとおもいます。
なんかそういう所を含めて、痛い記事だなあと思うのです。

ややこしくなりましたが、なんとなくそんなことを思いました。
今日はそんな所です。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。

posted by リョウ at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(4) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

コストコ ホールセール
Excerpt: いよいよ おやじの季節第5回北九州「おやじ」サミット開催まであと10日。 北九州市内の小学校・中学校・特別支援学校に発送した「おやじの会」アンケートの集計もしないといけないし、 発表者の手配もしないと..
Weblog: お役立ち情報館 webry-106
Tracked: 2007-07-18 22:28

朝日 新聞 ニュースの特選ニュースをご紹介します!
Excerpt: 特選ニュース速報より特選ニュースをご紹介します!地震被害震災の柏崎で民家全焼 消火栓使えず川から取水 (朝日新聞、2007年7月19日(木)) 避難長引き、断水の苦労も 北陸道は救援の車で渋滞 (静岡..
Weblog: 特選ニュース速報
Tracked: 2007-07-20 08:05

子育てブログの最新情報
Excerpt: 七夕祭り ( 2歳9ヶ月 )線路と思ってるのか 『 カタンコトン 』 言いながら長時間しゃがんでましたおかげで蚊に刺され プクの柔らかい足がカチンカチンに ヽ(´Д`; )ノ 写真七夕祭り.jpg ..
Weblog: 子育て支援在宅ワーク内職の資料請求、募集情報
Tracked: 2007-07-26 15:20

[お出かけ] 生後半年を振り返って(お出かけ編)
Excerpt: 当たり前のことだけど、子供が産まれてからというもの、 「お出かけ」がいままでと全然違う物になってしまいました。 妊娠中は、なんだかんだ言っても大人二人なので、 ちょっとこじゃれた店で食事したり、 映画..
Weblog: 西区 男の子育て日記
Tracked: 2008-02-21 19:48
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。