2007年07月14日

[夏フェス] 夏と言えば野外フェス。

夏、である。
今日から日曜にかけて、梅雨と台風が一緒にやってくる。
で、それがあけたら夏。夏と言えば、フェス。

行く予定はないけどカレンダーに書き込んだフジロックは
二週間後の今頃には始まっている訳である。
ああ、いいなあ。ま、しばらくは行けないとあきらめてるけど。
そんな矢先、「子育てロック」で夏フェスの記事を見つけた。
シーズン直前!子連れの夏フェス参加について考える
さあ、いよいよ夏フェスの季節が目の前ですね!
もう来週末には広島でSETSTOCKがあります。
(中略)
で、今年もうちの家族は
FUJI ROCK FESTIVALに行くことにしていて、
その準備も徐々に始めております。


いいなあ。
で、タイトルにもある通り、
「子連れでフェス」を親の立場で検証されています。
昨年参加したときはとても楽しく過ごせたけど、
掲示板の書き込みを見ると「子連れウザい」的な意見もある、とした上で
こちらはまず、子どもが邪魔だと思う人がいることを
日頃からしっかりと認識しておく必要があります。

なぜ日頃からなのかというと、
日常的に、子どもをほったらかしにしている親を
見かけることが非常に多いからです。

放任主義とか、のびのびと育てたいからとかいう理由で
そうしている人もいるかもしれない。
でも、それと、親が果たすべき責任とは、
また違うと思います。

とのこと。確かに、これは普段の生活でも言えること。
最近話題の"モンスターペアレント"(苦笑)もそうだけど、
義務とか責任とかの言葉をはき違えてる人が多いよねえ。
「DQN親の子はDQN」てのは真意だと思うなあ。

てことで、フェスだから、と特別なことは何もなくて、
結局は親が子供に対して、周りに対して、
きちんと責任を果たすことが全てなんだよなあ、と思います。
どうも……親の中には、
「うちの子はかわいいから、
他人から見てもかわいいだろう」という甘えというか、
勘違いをしている人がたくさんいる気がします。
あなたのお子さんは、
ほとんどの他人にとっては、かわいくないです。

痛烈。そして本質。だなあ。
それに、そもそも親の意思やエゴが
介在しない育児なんて、ないですよ。

と言い切ってしまっているけど全くその通りだと思う。

子供をフェスに連れて行きたいなんて、間違いなく親のエゴで、
大音量の音楽は子供の聴力には無理があると思うし、
キッズエリアがあるとはいえ、子供がもっと楽しい場所はきっとある。
だけど「一緒にフェスに行きたい」なんてエゴがあるから
やっぱり僕は一緒にフジに行きたいと思うし、
いや、それ以外でも子育ては「親の意思」だと思うけど、
それだって端から見たら「エゴ」ってことになるんだと思う。

フェス、特にフジロックは自己責任で過ごさなきゃ行けないし、
日頃から「どう子供を育てるか」をきちんと考えていて、
その線上にフジがあるなら、やっぱり行きたいなあと思うのです。
実際、今年と来年は無理だとして、再来年は行きたいねと話していて、
さて、そのときになって沖縄に行きたいかフジに行きたいか
というのは、やっぱりそのときにならないとわからないと思う。

いずれにしても、今まで見たいにモッシュピットで暴れたり、
深夜のレッドマーキーに入り浸ったり、
あっちもこっちもとうろうろして回ったりはできなくなるはず。
それでもそんな風に楽しんでいくのもまたよしだな。

今年フジへ行く皆さん、ぜひ楽しんできてください!!

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。

posted by リョウ at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。