2007年05月03日

[GW] 奥様、実家に帰る

今日は特にこれと言って、という感じなのですが、
とりあえず毎日書き続ける習慣を付けたいと思い、
色々書いてみようと思います。
たぶんそんなこと言ってる割に長くなると思うのだけど。

世間は、見事なまでにゴールデンウィークです。
まあ、当然と言えば当然。
長い人で9連休、そうでなくても明日(厳密には今日)からの
4連休と、先週末の3連休は確定してる訳だから。

制作の仕事をしていると、カレンダーとか実際あまり関係がない。
納期と進行とスケジュール管理がすべてな訳で、
正直なところ仕事が好転していない現状で、ちゃんと休めるかと言えば
必ずしもそうではない、ってのが今の状況なのです。

平日は普通に出勤、明日3日とあさっては、多分昼出勤。
今はまだそれでも特に困らないけれど、
子供ができて小学生にもなれば
「え〜、お父さんなんで仕事なのぉ〜」となるだろうなあ。
いや、きっとそうなる。
うちは奥様も制作の仕事をしていたので
いろんな事情があることはよくわかってくれているけど
きっと今からはそんなわけにはいかないはず。
自分が子供の立場だったらと思うと、
休みの日に仕事してる、というのを繰り返すとか
きっとありえないよなあと思うのです。

GWは、出産前のまとまった休みということで、
ほんとうは奥様の実家に帰ろうと思っていたのです。
向こうのお父さんお母さんにも、でかくなったおなかも見せたいし、
日常的な環境を抜けてのんびりしたいな、というのもある。
が、結局仕事が立て込んできたりしてるので、
僕は一人でのこって、奥様は一人で実家に帰った。

奥様がどう思ってるのか、正直なところはわからないけど
うちの場合、西区在住で僕の実家は河内長野、
奥様はそこそこ遠方の出身なので、
何かの機会があると僕の方の親が出てくることになる。
いわゆる「嫁と姑」ってやつですよ。

僕にとっては慣れ親しんだ環境で、
当たり前の僕の家族なんだけど、
同居してる訳ではないとはいえ、
やっぱり奥様にとっては微妙な距離感。
それ自体の善し悪し、というよりも、
うまく言葉にできないようなストレス、というのは絶対的にあるはず。
だって僕が逆の立場だったら、絶対にしんどいものね。

なので、奥様にとってはいい息抜きになってると思うし、
僕にしてみても久しぶりに一人で1週間近く過ごすのも、
なんだか逆に新鮮だったりします。

最近よく言われている出産後の鬱、ってのもそうだけど、
家で一人で過ごす時間の長い奥様にとって、
今の時点でも、出産後に家で子供とずっといるのも
精神的な負担は結構な物だろうなあと思うのです。
今はまだ、ぼんやりと頭で理解するくらいだけど、
「親」として過ごす時間と「夫婦」として過ごす時間、
そういうのをメリハリつけながらやらないと
確かに色々大変なんだろうなあと思うのです。

もちろん子供をおいて遊ぶことがいいことではないけれど、
そういうものから離別して、息抜きをすることも大事だよなあと
漠然とではあるけれど思ったりするのです。
やりすぎるとよく見るニュースの
「パチンコで子供を放置」とか
「スノーボードに行って子供が餓死」みたいになるわけで、
限度や節度は守らなきゃ行けないと思う。
でも、厳密にやりすぎてノイローゼになるのも違うと思う。


旦那としては、奥様がなるべくストレスなく生活できる環境を
提供する義務はあると思うし、
それは時間的な物や精神的なもの、もちろん金銭的にも
極力負担をかけないようにしないと行けないと思う訳です。


あまりまとまりはないけれど、
出産は夫婦や家族の出来事だとしても、
妊娠、ということ自体は奥様がメインな訳で、
そう思うと旦那という人は、きちんとバックアップしてあげなきゃ
そのまま甲斐性なし、ってことになるよなあと思います。



結局だらだらと長くなりましたが、
そんなことを漠然と考えるゴールデンウィークの中日でした。
タグ:日々 日記 仕事

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。

posted by リョウ at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。