2007年04月17日

[出産] バースプランについて

先週、検診で奥様が病院に行ってきたときに
「バースプランについて、次回までに書いてきてください」といわれ
なにやらアンケート用紙のようなものを預かって帰ってきた。

バースプランとは
簡単に言うと、お産の計画書のことです。お産をするにあたって、本人とその家族がどういうお産をしたいかということを実際にプランとして書き留めて、それをもとに先生やスタッフと話し合うのですが、欧米では広く一般的に行われています。日本でもお産に対する積極性が生まれる、満足感が高いということで広まってきています。
>電子父子手帳 DO BE DAD「妊娠がわかったら」バースプランを一緒に作ろう

出産方法が多様化して、情報がいろいろ出回っている昨今、
まあ、産む側が頭でっかちになるのもあって、
「ひとまず要望をまとめてください」といったところか。
もちろん、初産の我が家では「どうするのが良いのか」なんてわかる訳は無いし、
かといって誰かに聞いても、その人なりの出産があったり、
ラマーズ法や水中出産や、自宅出産、挙げて行けばきりがない。
もちろん金銭的な余裕も有るし、奥様の不安を取り除くのが一番で
僕としての要望は「奥様がリラックスして望めること」なわけで。

たとえば、大学病院で出産をしたら、旦那は立ち会えなかったのに
研修医の人がゾロゾロと入ってきて、とかそういうのは無しだと思うし、
好きな音楽を聴いて、好きなラベンダーのアロマをたいて、
そんな風にして楽に望めるのが良いなと今は思う。
ま、実際にはけっこうばたばたしててそれどころじゃないんだろうけど。
だからこそ、今いろいろまとめて送って事は大事なんだろな。


本を読んだりネットで調べたり、頭でっかちになってしまうけど
そんな中でも「何が良いのか」てことを考えて、
自分たちが楽なように判断して行きたいなと思うのです。
奥様はもっと単純で
「胎教や自然出産や、そんなんあるけど
結果として子供に与える影響より、自分が楽しいことが大事やと思う」
って言ってました。

「胎教は大きくなってからこんな影響が、、、」
だからやるのではなくて、
「家にいるときは好きな音楽聞いていたい」
「お腹の中のベイビーちゃんとコミュニケーション取りたい」
と、実際にはすごくシンプルなんだと思うのです。

もちろん、「パチンコいきたいから」「お酒飲みたいから」
で、愛されていない子供が多いように感じる今のご時世、
自分たちの要望を最優先させたいなんてのは無いけれど
ひとまずはややこしく考えずに楽しめたら良いなと思います。

さて、奥様の書いたバースプランの中身は
一体どんなもんになってるのでしょうか。
タグ:考える

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。

posted by リョウ at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出産について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ <<ブログランキングはこちら、ポチっとな、と。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。